売り切れたメニューが気になりまして【期間工99日目】

【期間工99日目】火曜日・1直

寮食堂エセなエッセイ

パラレルワールドな自分の想像

寮の食堂は1日3回openします。

早朝勤務前、夜勤出勤前、早朝勤務帰寮後です。

その中で、最後の早朝勤務帰寮後の食堂は結構な人数が利用します。

そして、この時間の最後の方ではメニューが売り切れになってしまいます。

(メニューが倒れていると売り切れ・・)

パラレルワールドの中の自分を想像。

ただ売り切れたメニューを見るたびに今度は早く行こうと思います。

なんて俺は小さな人間なんだろうか。。。。

生きているうちに、大金を稼いだり、偉業を成し遂げたり、人命を救ったりをすることがあるのだろうか?

いやないだろう。おれはこのまま、小さいまま、だれの目にも止まらず、生まれ、そしてこの星から消えていくのだろう。

ああ。人間の大きさを測るものさしを持ってさえいなければ、俺は己の小ささを把握することなく死ぬことが出来ただろうに。

まあ、とりあえず、己の小ささを実感しました。

そのきっかけは、寮の食堂での出来事。

1直終わりで19時過ぎに食堂に行くと、3種類ある定食の1つが売り切れている事が、たまにある。

まあ、おいしくなさそうな2種類と普通の揚げ物系の1種類が定食な時に、揚げ物系が売り切れになることが多い。

そして、俺は、、、、、最近ふと気づいたのだが、

器の小さな俺は必ずすることがある。

献立表をみて売り切れたメニューを確認するのである。

そして、もう手に入らない揚げ物な定食に想いを馳せつつ、残った魚や炒め物やどんぶり系のメニューを選ぶのである。

ああ、あと数十分はやく食堂に来ていれば、唇がきらびやかにテカテカさせながら、お腹いっぱい飯を食い、冷たいお茶を最後に腹に流し込み、颯爽と部屋に帰っていたのだろう。

ああ、だしのきいた卵が乗っかているのメンチカツ。イタリアンなソースとチーズが乗っかったチキン。。。

またどこかで会おう。

まあ、2週間後くらいにはまたメニューにでるだろうけど。。。

って感じで、売り切れたメニューをわざわざ確認して、鬱に入る自分が情けないです。そんな日の日記でした。

↓Click4649