釣り堀も潮流を読まないといけないと思った日【期間工91日目】

【期間工91日目】日曜日・休日

 

今日の朝は東境釣り堀センターに行ってきました。

 

今日の目標は・・・・

 

アタリにビシバシ合わせて、数を釣り上げる!です。

 

 おいどんが使っているウキの特徴

先週、ヘラウキの使い方がなんとなくわかったのです。

おいどんが使っているウキは、めっちゃ浮力が小さい。そのウキの特徴は

 

  • 流れでウキが動くと沈んでいく
  • ウキに引っ張られて餌(針)が動くとウキも浮いてくる
  • アタリは結構ウキが入る
  • その時に合わせれば釣れる!

ということが先週学んだことでした。

 

これを生かし、今日は目指せ2時間で10匹!

 

沖縄では、釣りをするとき数よりも大きさ狙いなことが多かったので、新鮮な気持ちです。

 

9時半くらいに東境釣り堀センターに到着。

 

棚を測ったり、仕掛けを作ったりしているうちに30分が過ぎた・・・・遅い

 

そして、釣り開始!!

 

予定では、流れが小さい場所に入ろうと思っていたが、先客が・・

 

というわけで空いている場所に入る。

 

しかし、まあ、釣れない!

 

しかししかし、周りの人は鯉を結構釣っている

 

でもアタリはめちゃくちゃある!

 

俺の方はあたりに合わせてはいるも・・・・乗らない。

 

ウキが流れ沈んだりするのが悪いのか?

 

周りを見てみると、どうやらウキが止まっている感じ。

 

ウキや仕掛けが流れで動くこと自体が悪いっぽい。

 

このポイントで3時間くらい粘るが、釣れたのは3匹

(うち1匹はスレ、1匹はタモからイケスに入れる際に失敗リリース)。

 

f:id:siosaikouen:20200105212742j:plain

もともと2時間で終わる!という予定だったので帰ろうか迷ったが、

 

目的の流れが弱いポイントがあいたので、最後にそこに入る

 

すると、まあ、

 

餌を触る触る

 

あたりも出る出る

 

合わせると乗る乗る

 

で、10投くらいで4匹くらい釣れました。

 

ん~~難しいようで簡単なようで難しい。

 

とくに、

 

流れがある場所をどう攻略すりゃいいのけ?

 

まあ、ライン作業中に考えよう・・・

 

では、また明日!

↓Click4649