「アルジャーノンに花束を」を読んで感情がめちゃくちゃ揺れ動いた。な日【期間工52日目】

【期間工52日目】水曜日・2直

連休明けです。

しかも2直なので時間が沢山あります。

というわけで、借りている本を、最後まで読みました。

「アルジャーノンに花束を」

SFな小説ですが、結構心にくる、重ための物語でした。

この日は、仕事中ずっと気持ちが重たかった。

それはこの小説に読んだからだと思います。

小・中学生の頃の自分を戒めるのと、自分の知能の低さ(この文章からわかりますね)が重くのしかかる感じ。

パン屋の同僚に自分を当てはめたり、チャーリーに自分を当てはめたり

色々な記憶が浮かび上がって、後悔や自己否定感などなど。

連休初日の午前中とかに読めばよかった感じの本でした。

もっと早く、学生の頃に読めばよかったなと思った本でした。

そして、これらの本を返しに行きました。

あとは寮に帰ってシダの写真をまとめようとして、眠り、仕事へ。

こうやって書き留めると、短いようで長い一日。特に今日は気持ちが動いた1日だった。

今は休憩中。仕事は特に問題なく進んでおります。

では。

↓Click4649