連休3日目①:釣り堀を発見!出稼ぎ生活がバナナ色へ。な日【期間工50日目】

【期間工50日目】月曜日・休日・連休3日目(4連休)

本題はこの日記の下段くらいにあります。。。
無駄話が以下続きます。。。。

元のタイトルは、「釣り堀を発見!出稼ぎ生活がバラ色へ。」でした。

ところでバラ色って何色なんでしょうか?


バラ色?バラ色?バラ色?バラ色?バラ色?バラ色?


調べてみると、

デジタル大辞泉の解説

ばら‐いろ【薔薇色】

 うすくれないの色。淡紅色。「頰を薔薇色に染める」
希望・幸福などに満ちていることのたとえ。「薔薇色の人生」「薔薇色の前途」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例
( https://kotobank.jp/word/%E8%96%94%E8%96%87%E8%89%B2-192923)

   

何とも言えない色。淡紅色。。。

燃えたぎる感情でなく、少し落ち着いている感もあるし。

ちょっと大人なエロスな感じもするし。

なので、感情の表現で”バラ”を使う時は、ちょっと大人なエロスな感情になった時に使いたいと思います。

(どうでもいいとは言わないで)



感情的には黄色に近いかな?

”人生が黄色に!”

”人生がイエローに!”

”人生がひまわり色に!”

”人生がバナナ色に!”



人生がバナナ色に!

ってなんか楽しそうでいいですね。

というわけで、今日の日記のタイトルは

「釣り堀を発見!出稼ぎ生活がバナナ色へ。」

になりました。

(書きながらどうでもいいな~と思ってます)





はい。本題です。


今日、ザ・ビッグに買い物に行って、

食料品や生活用品を買いまして、そして帰る。

普段だったらこれだけでした。

しかし、帰り道。

見つけてしまいました。




東境釣り堀センター

HIGASHISAKAI TSURIBORI CENTER

写真は開店前。



釣り人が数か月のあいだ、釣りせずに生活していると、

「○○まつり!!」なんていうのぼりにも反応してしまったり、

店員さんの「おつりは○○円です」という言葉にもびくっとしたり、



そんな中ふと出会った釣り堀 。


自然に無意識に釣り堀に足を踏み入れていました。

(目的は買い物なのに・・)


自然に無意識に、2時分の料金を払っていました。

(カバンには要冷凍・要冷蔵の食品が入っているのに)


自然に無意識に釣り餌としていい匂いの餌を握って、竿を振っていました

(昼の14時30分までには寮の食堂に行かないといけないのに。)



ビギナーズラックで
4.5㎏の懸賞サイズのコイも釣れました。


レンタルの竹竿で釣ったので、この日以降、竹竿で懸賞釣った人だよね?と声かけられることもありました。竿もウキも買ったけど、この日以降、釣ることが出来てない。。。

めちゃくちゃ楽しい!!

鯉釣りに恋した瞬間でした。

未來【期間工120日目】俺からのメッセージ

実は、東境釣り堀センターは2019年で閉店するようです。

f:id:siosaikouen:20191222151257j:plain
これを知った瞬間、頭が真っ白に。世界一悲しい文章です。

これからどうやって生きていけばいいのか?

試行錯誤して、いまでは大量に釣れる!わけではなく、

まだスレのアタリ、口を使ったあたりも見分けられていません。

まだここで釣りしたい!

閉店まで、通えるだけ通いたいと思います。


ちなみに前日土曜日も行ってきました。

f:id:siosaikouen:20191222151351j:plain
まだまだコツを全然つかめていない。奥深き鯉釣り。まだまだ釣りがしたい!

ああ。釣りがしたい。

↓Click4649