寮の共同トイレのゴミは俺が落とした!!【期間工31日目】

【寮生活エッセイ】

寮の共同トイレのゴミは俺のものだ!

今日、仕事を終えた17時ごろ、寮へ帰り、風呂に行く前の私は4人部屋で共有しているトイレで大便をした。

4人で共有するトイレについては、まあ、いろいろ思うところや気になるところがあるけれど、その一つが”トイレの床に落ちているトイレットペーパーの切れ端”

落としたペーパーの切れ端なんて、落とした人がそのまま拾って流せばいいのになと思ったりした。

何よりも僕は、トイレットペーパーの切れ端を落としたことがない気がする


切れ端を落としたことがない!(気がする)

落としたことがない!(気がする) 


そうです。一度もトイレにゴミを落としたことが無い「気がする」だけなんですよね。。


そして、世界中のトイレが汚れている昨今。

世界中のみんなが、

トイレットペーパーの切れ端なんて落としたことがない!

と思っているだけかもしれないと気づいた。


トイレットペーパーの切れ端は、
用を足した際の満足感幸福感に包まれた時には


見過ごされる存在だったのかもしれない。


つまり、この切れ端は僕が朝の出勤前、用を足した時に落としたかもしれないのだ!

今まで一人暮らしなんてしたことがないので、ずっとトイレの切れ端は家だったら家族が、落としたものだと思っていた。


なんと不覚な!浅ましきいままでの俺!!


罪を他人になすりつけていたのだ!(かもしれない)

まあ、「落としたかもしれない」ので、とりあえず拾って流しました。

ん〜〜いつかトイレットペーパーの切れ端を落としたことに気づけるくらい、大便の幸福感に浮かれない、周りの見える大人になりたいですな。

おわり。

↓Click4649