【期間工3日目】働くということは時間通りに動くという事

 【移住4日目】

未來の俺「思ったけど、ぜんぜんエッセイじゃない!出来事を書いて、それに対する感情をぶつけているだけやん!もう少しして落ち着いたらエッセイ的なものも書いています。たぶん。」

7時のアラームで、目が覚めたが、起きる事ができず、7時半のアラームで起きた。

今日は、タバコを買いに行って、そのまま寮の食堂へ行く予定。

ファミマに着くと、おばちゃんとおばあちゃんの間くらいの女性がレジをしており、20代くらいの女の客が、何やら支払いをしていた。

タバコだけ買うのも、何か失礼な気がして、お菓子を一つ買った。

お菓子一つだけ持って行く・・・・・・しかも30円

未來の俺「お菓子一つかい!」

レジに並ぶと、まだ、女の客の対応をしており、結局5、6分かかって、自分の番がきた。

「すみません。109番の黄色いタバコ1つお願いします」

といい、会計をチャチャッと済ませた。

未來の俺「謎の会話描写!」

そういえば、通信制限切れてるから、ここのフリーWifiを使って、ラジオをダウンロードしよう。と思い、

未來の俺「三四郎のオールナイトニッポン、ハライチのターン、バナナムーンあたりが好き」

タバコを吸いながら、フリーWifiに繋げ、バナナムーン Gold(二日前の)をダウンロードしたが、15分弱かかった。

結局、寮の食堂についたのが、8時過ぎ。 

しかし、寮の食堂は、7時半で終わっていた。

お菓子を少しかじり、着替えて、歯を磨き、8時半の教育という部屋に入った。

朝一は、正直何を説明していたか覚えていない。

唯一メモっていたのは、同じ参加者の記憶に残る人たちのあだ名だった。

教育係りは、無駄に人が多く、年配の人割合が大きいの印象だが、その中で3人だけ印象が残っている

  • おそらく役職が一番上の人 → きっちり(全然笑わない)
  • メガネの明るいおっちゃん → おおらかで、送迎のバスの中で沖縄の話をした人
  • ちっちゃい明るいおっちゃん → 明るい町工場のおっちゃんっていう感じ

で、同期?にあたる人では、数人印象に残っていて、

  • ヤンキーチックな10代
  • やたら暗い人
  • やたら明るい人
  • おじさん(30代くらい?)結構多かった。
  • おっちゃん(50代?健康診断で落ちないか勝手に心配した)

そして、教室では社会保障や保険などの説明と、ウェルカムなんちゃらという冊子の読み聞かせ。

あ、この時説明してくれたおっちゃんは、明るくて、いい感じの人だった。

あとはほとんど記憶がない。

そういえば、リーダーズという会社の社長がモチーフの映画を最後に見せられた。

つまらん。早く帰してくれ。

未來の俺「心の療養が必要なくらいすさんでいます。罵詈雑言すみませんm(__)m」

一つ印象に残ったのは、時間通りに動くということ。

休憩時間はきっちりあるし、早めに休憩したり、逆に休憩時間まで話が伸びたりはしない。

やっぱり大企業では時間厳守が当たり前なんだろう。

いい経験ができた気がした。

期間工に入って、大企業では

”やることもないけど、休憩時間までつまらない時間を過ごす”

という事を知った。

そのあとはランニング。

畑道は気持ちいい。

そのあとは風呂。パソコン。

その後、ジョイフル行ってパソコン。

寮に戻って、これをかく。

研修期間中の部屋。今考えると(配属先の寮に比べると)めちゃくちゃいい寮だった。

眠って明日に備える。

↓Click4649