【期間工1日目】入寮・所属する安心感

【移住2日目】

ネカフェで目を覚まし、ダラダラと本を読んでいました。

↓は持ち込んだ本です。アホだから本を14冊も持って来ていました。アホなんです。

これはさっき撮影しました。持って来たほんと借りてきた本があります。
未來の俺「本よりも、冬物の服をもっと持って来いよ!もう寒いぞ!パーカーとトレーナーだけじゃ足んねーぞ!本当にアホだす!」


この時点では「もう帰ろうかな?」とか「このままここで金が尽きるまで過ごそうかな?」とか不安を払拭出来てませんでした。
未來俺「実際に研修会場に来ていない人も結構いたな~。でも本気で働きたいひと、稼ぎたい人はこの不安に打ち勝って期間工になって欲しい。期間工は最初の1か月は仕事や寮生活がきつく感じるけど、慣れる!!」


しかし、持ち込んだ本の西加奈子のエッセイ「まにまに」を読んでいると、くよくよしていたり、不安な気持ちですら楽しもう!的な考えになり、やっとこさ店を出ました!
まにまに
未來俺「本を持ち込んで良かったと思った瞬間。この本を読んで、ブログを書こう!と思いました。」
未來俺「”まにまに”がこのブログを始めるきっかけだし、結構気持ちが楽になった」


東名豊田の高速バス乗り場へ行き、期間工として働く企業の送迎バスに乗りました。

送迎バスが来るバス停。周りの人も同じ期間工なのかなとキョロキョロしていたが結果自分一人だった。

なんか明るいおっちゃん(従業員の方)が迎えに来てくれて、車内では、沖縄の話をぎこちなく喋りながら、不安が過ぎ去った気持ちで寮へつきました。

未來の俺「なんか自分が所属した感じがして、この時点で不安は消えていた気がする」 


寮に着いた時刻が、およそ午後3時くらい。

そして、午後16時半から集まって、何かを説明するらしい。

あ。そういえば寮に入る際に喫煙者かどうか聞かれ、タバコを吸いますと伝えると、灰皿のある部屋へ入りました。

そして、16時半からの説明会で、あしたの日程の説明等を1時間ほど行い、寮へ戻りました。

寮に戻ったら、ランニングをしました。

なんか、走ったら気持ちええし、周辺の街並みの全体像がわかります。

寮の周辺は畑があり、見晴らしがいい。とても気持ちがいいランニングが出来ました。

ちょっと、不安がなくなるよね。
 未來の俺「あと、めっちゃ歩き回る工程に配属されるから、ランニングはやっててよかったぞ!」


そして、何と言っても風呂がいい。

シャワー室と大浴場(シャワーもありました)があり、結構くつろげる。

研修の人しか使わないためか、結構ゆったり使えました。

それから、寮へ戻り、もらった食事チケットで食事。

数あるメニューから、あした健康診断のため、ヘルシー料理の魚とかハンバーグとかから選びました。

未來の俺「そこの食堂は他の寮の食堂に比べ結構おいしいぞ!」


寮へ戻り、洗濯しようとしましたが、洗剤がない。

当たり前ですが、自分で用意しなければならないらしい。

なので、飲み物を買って、(冷水機は風呂場にしかないので)、寮へ戻りました。

【ここからが、期間工生活の最初の大きな間違え!】


寮へ戻って、iTunesの曲をiCloudへアップロードしました。

テザリングでやったが、速攻で7Gbを使い果たす。。。
速度制限へ・・・・・・


。。アホでした。
未來の俺「結果、追加で通信料を払いまくった。この月の通信量は1万超えたぞ!怒り!」



追加しすぎて6000円も高くなっとるぞ!勉強代!!。。。痛い出費。。。

ネットは使えないので、アドベのイラストレーターでイラストをかいたり、本を読んだりして、眠りにつきました。

ここから、期間工として一人暮らしの始まりです。

ぐっすり寝て、次の日の健康診断へ備えます。

あ!そういえば、検尿を忘れないように!入口の地面において起きました。
おわり

↓Click4649